本文へ移動

そろばん新聞 R 01

令和元年8月発行そろばん新聞より

【先生の目】         
 
「小さな手でも頑張れる」     K先生 

ある年、教室にお母さんに手を引かれて可愛い小さな園児が入って来ました。私の顔を見るとモジモジしながら、お母さんに言われて小さな声で「こんにちは」と挨拶をしてくれました。体験学習を始めると、小さな手でそろばんの珠を一・二・三と動かします。高学年の練習している指の動きを見て、「すごい!」と目を丸くしています。「私もお兄さん・お姉さんのようになれるかな?」と言ったので、「頑張ればなれるよ」と答えると「うん、頑張る」と大きな声が聞こえて来ました。あれから、何年か経ち小さな手は少し大きくなり指の動きも速く、珠算の級も取得できました。入学時は、やりたくない・解らないと泣いた日も有りましたが、【継続は力なり】諦めないで、小さな手でも頑張れて良かったと嬉しく思います。


お母さんからの便り

目標の一級合格目指して頑張って」  大形教室所属 四年生のお母さん

一年生の時に「二年生になったらそろばんを始めたい。」と、自分からやりたいと言い始めてから二年と少しが経ちました。他の習い事に行く時は「行きたくない、もうやめる。」とか言っていますが、そろばんだけは感心な事に進んで通っています。毎回検定試験では、進級できている様ですが、今回の三級は本人も自信がない様で、見送る事にしたそうです。「小学校を卒業するまでには、一級を取りたい。」と言っています。家でも少しは練習をして、合格目指して頑張って欲しいと思っております。「まずは三級!」
三級からは試験会場も違うと聞きました。スピード・集中力を身に付けて、自分の力を全力で出して頑張って来てください。応援しています。

「そろばんとともに」  長岡教室所属 五年生のお母さん

お友達に誘われ、「そろばんやりたい!」とせがまれたのは小学一年生の終わりの頃でした。生まれた時からデジタルに囲まれた生活、果たして通い続けられるだろうか?と思っていました。が、体験では目を輝かせ、現在も張り切って通っています。二年生で九九を覚える頃、ちょうどそろばん教室でも暗唱が始まり、楽しそうに帰路でも口ずさんでいた姿を思い出します。大きな位を扱う四年生の算数も抵抗なく学習していました。今年二月には、三級の試験を受けましたが、慣れない場所、大勢の中でも、無事終える事が出来ました。先生方の日頃のご丁寧なご指導と励まし、そして、教室の仲間に支えられ、一歩一歩、歩んでいます。計算力向上だけでなく、さまざまな成長を支えて下さいまして、心から感謝しております

そろばんは計算能力が付くだけでなく、それに伴い繰り返し練習の中から忍耐力や集中力も身に付いてきますからやはりお勧めです。
 暗算が実用面で生かされるようになるともっと素敵ですよね。
 


みんなの声     
 
「そろばんをはじめたきっかけ」  五十嵐教室所属  5年生

ぼくが三年生になる時、昔そろばんを習っていたお母さんに「そろばんをやると計算が速くなるよ。」とすすめられて始めました。計算が得意ではなかったけど、そろばんを始めて、たし算・ひき算はもちろん、かけ算・わり算も正確に早くできるようになりました。これからも一級に向けて頑張りたいです。

「はじめてよかったそろばん教室」 今町教室所属   4年生

ぼくがそろばんを始めてよかったことは算数の授業です。はじめは暗算が苦手で難しい問題も出るけど、繰り返し練習するとコツをつかんで楽しくなっていきます。今では暗算が楽しく学校でも活用しているので、次の試験で合格してはやく一級を取れるように頑張りたいです

「速く正確に計算を!」      濁川教室所属 中学2年生

私は、そろばんを小学校一年生から習っています。中学生になると数学が難しくなりました。そろばんのおかげで計算を速く正確に出来るので問題を解くことに集中できます。私の悪い所はそろばんの答えを急いで書いて読みにくい所です。丁寧に書く為にも時間に余裕を持てるように練習を頑張りたいです。

努力は必ずみんなの力になっているよ!!
 これかもその勢いでいっしょに頑張っていきましょう\(^o^)/


H30年商工会議所・商工会

上級合格者数 

会議所
商工会
26
 
26
65
68
152
156
243
250
 



新潟育英センター
<本社事務所>
新潟県長岡市西津町本田3800-5
スカイラークビル3F
TEL.0258-29-2400
FAX.0258-29-2400

そろばん教室

1
6
3
4
2
1
TOPへ戻る